派遣社員について、正しい知識を持とう

派遣社員として働く期間

派遣社員の求人を見ると、短期と長期があります。
短期とは、繁盛期の1か月間だけとか、夏休みだけとか2か月までの仕事である場合がほとんどです。
それに対して長期となると、3か月以上と銘打ってあり雇用主としては6か月あるいはそれ以上を期待している事も少なくありません。
短期のメリットは、期間が短いのでたとえその仕事があっていなかったとしても、我慢がきくという事です。
またその仕事への適性を見極めたいという場合にも短期は有利です。
長期雇用で契約しているのに、1~2か月でやめてしまうという事になると、その人の信用度も落ちてしまい、派遣会社としても新しい派遣先の紹介もしづらくなるからです。
ですから専業主婦となって長く、派遣社員として働くのが初めての場合などは、まず短期で働いてみて自分の力量を確かめてみることをおすすめします。
その代わり、期間が短いのでもっと働きたい場合には、短期契約の期間に並行して新しい仕事を探す必要があります。
その点、長期雇用だと安定して仕事があり、うまくいくと直接雇用や正社員への道が開ける場合もありますから、ステップアップの為には、自分にあった職場での長期雇用が理想的といえそうです。

派遣社員の契約期間の重要点

いくらか例外もありますが、派遣社員の期間の重要な数字があります。
それが2年であり、これが大原則になっています。
それ以上の場合は、直接雇用を促すようになっていますし、派遣社員側がそれを求めた場合はやらないといけないことになっています。
このあたりのことは改正させる可能性がありますが、少なくともそうした期間があるのは間違いないです。
そもそもずっと派遣で同じ人を使い続ける、ということを許していないからであり、こうした制約は確実にやるようになります。
大抵の場合、細かい契約の場合は、半年くらいの功臣であるときが多いです。
そのあたりは企業次第ではありますが、まず2年が大きな転換期であるのはまず確実ですから、これは知っておいたほうが良いです。
ちなみに1回契約を切って、再度契約、なんてことをするところもありますが、避けたほうが良いです。
どうしても派遣で働きたいわけでもないのであれば、特にメリットが労働者側にはないです。

最終更新日:2015/8/24

『派遣社員 期間』 最新ツイート

@ARMORED_NENKIN

また、傭兵としてチームに雇用された場合は、SIGNSからの派遣労働者として認められます。しかしながら、厚生年金を受け取るためには「雇用期間が2カ月以上あり、派遣会社で働く通常の社員と比較して概ね4分の3以上」というのが基本的なラインとなるため、厚生年金を受け取れることは稀です。

1時間前 - 2019年09月15日


@berry6595

@yukiko160830 ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙、まさにそれ今葛藤してます...。私の子育て期間も残す所そんなに長くないと思うと、もう正社員やめて、契約社員か派遣くらいにして、もっと家事育児をやろうかな...(自分が後悔しない為にも)とか😢

4時間前 - 2019年09月15日


@KaeruGunsou

いろいろ見ていると、超氷河期世代で離職期間もあるのに派遣社員経由で一部上場企業に潜り込めたのは、それなりに運がいいのかなあと。 とはいえ未だ嘱託社員で正社員ではないし、お給料マジ安なんだけどさ。

4時間前 - 2019年09月15日


Copyright(C) 2015 ハケンのメリット. All rights reserved.